プロフィール

キクチ眼鏡専門学校光学専攻科修了、同研究員課程修了。

取得資格(取得歴順)  JOAオプトメトリスト

            SSS級認定眼鏡士

            特別支援教育士(S.E.N.S)

約7年前(前職㈱キクチメガネ大阪支店勤務)より、大阪医科大学LDセンター奥村智人先生の下でビジョンセラピーを学び、現在に至ります(2015年3月2日「視覚発達支援あおぞら」を設立)。昨年より視覚発達支援センター(千葉県浦安市)簗田明教先生に、ご指導をいただきながら勉強をしております。

特別支援教育士S.E.N.S愛知支部会(愛知特別支援教育研究会)に入会し、教育、医療、行政との連携を目指して活動をしています。

オプトメトリストと特別支援教育士の両方の資格を取得しているのは、私を含めて全国で3名です(2017年3月現在)。これからも自己研鑽をして、皆様のお役に立てられますよう全力でサポートいたします。


JOAオプトメトリストとは、

日本オプトメトリック協会が認定する、目に関連する機能を検査し、視力の問題や目の病気、その他の異常の存在を見つける高度な技術者です。そして、すべての人々が一生を通じて快適で能率的な視生活ができるよう、乳幼児から高齢者まであらゆる人々に対し、ビジョンケア活動をすることが使命です。(日本オプトメトリック協会HPより抜粋)

SSS級認定眼鏡士とは、

日本眼鏡技術者協会が認定する、消費者の視力を保護し、最新の技術知識によるビジョンケアを提供する上で、消費者の信頼が得られるよう眼鏡技術者の責務を明確にし、資質を維持向上させることを目的とした資格です。(認定眼鏡士ガイドラインより抜粋)

SSS級認定眼鏡士の認定基準は、①海外の公認された眼鏡学校を卒業した者、②SSS級認定眼鏡士試験に合格した者です。

特別支援教育士(S.E.N.S)とは、

日本LD学会ならびに特別支援教育士認定協会が認定するLD・ADHD等のアセスメントと指導の専門資格です(Special Educational Needs Specialistの略です)。

特別支援教育士の役割には、子どもの問題への気づきと支援、保護者や学級担任への支援、校内・地域での特別支援教育のコーディネートなどが挙げられます。


これまでの活動

2015年

2016年

2017年